Work file 10「花ウエディング展」ブーケ

Bouquet de noir ブーケ・ド・ノワール
純白のヒヤシンスの中で凛とある......
まわりのものとのコントラストの鮮やかさを意識した、個性的な「黒のブーケ」。
また、それを選び、身につける花嫁も、個性的で魅力のある女の子。

そんなシュチュエーションで、このブーケを合わせてみました。

花材/チューリップ(ブラックパロット、ナイトヒーロー)/
ジャーマンアイリス / グリーントリュフ /   
ブラックリーフ / ポリシャス



Work file 9「花ウエディング展」レッスン

池袋西武にてブーケレッスンを行いました。「ヒヤシンスとバラで束ねるタイニィブーケ」
2006年3月16日 池袋西武にてブーケレッスンを行いました。

タイドバンチのミニブーケを約1時間半で皆さんと一緒に仕上げました。
ヒヤシンスの花の中心に、パールやビーズを入れポイントにし、ホワイトの花をきゅっとまとめ、
まわりをケールのリーフでくるみました。ブラックにロゴの入ったミュゼリボンで束ね、
オシャレでナチュラルなブーケの完成!!

平日にも関わらずたくさんの方においでいただき、本当にありがとうございました。



Work file 8花ウエディング展

2006年3月15日〜21日の7日間、池袋西武にて角川書店主催「花ウエディング展」が開催されました。
展示ブースにて手がけたデコレーションをファイルします。

『Sweet 2 Wedding スゥイート スゥイート ウエディング』
森の中にたたずむ一軒家のお庭で開かれたガーデンウエディングパーティー  ……。
緑の中で花が咲き小鳥がえさをついばむ ……。風の音や、枝のささやき……。
ゆったりとした日が差し込み、テーブルの上のグラスやシャンデリアが煌めきます。
一見、ナチュラルなウエディングパーティーですが、ブルーの空間にぽっかりと浮かぶ白い扉 ……。
ゲストのバンビ達もほったらかしで、ドレスや下着も脱ぎ散らかし ……。扉の奥へと消えた二人 ……。
とってもスゥイートですが …… ちょっと不思議な余韻の残る、シュールで毒のある空間。甘いパーティーは終わったけど、
二人の甘い時間は続く 。。。。ウエディングが、そんなきっかけの出来事になるよう、願いを込めたデコレーションです。



Work file 7講義#1 花について

株式会社テイク アンド ギヴ ニーズにてコーディネーターさんを対象に
『花について』出回り時期やイレギュラーの対処法についてお話させていただきました.

四季の花やシーズンごとのお勧め花合わせや、ブーケが壊れたときの対処法など
プリントとデモンストレーションを交えながらの講義。
現場から上がってくる質問もたくさんあり、実践的なものになりました.



Work file 6撮影#4 インテリアスタイリング

ゼクシィ新生活にてソファをフューチャーした広告のスタイリングを担当.
スタイリングはそのまま『ゼクシィスタイル』として各お店に展示されるというもの。

各店一押しのソファに合わせたスタイリングを提案。
下見に出向き、構成を組み立て撮影に臨みます.
それぞれのメーカーの色を目立たせるスタイリングに仕上げました.



Work file 5撮影#3 ジュエリー広告

トレセンテの花モチーフのジュエリー広告のフラワーデザインを担当.
ミュゼコレクションのリングピローも何点か登場。

カメラマンが巨匠、中川十内さんということもあり緊張して撮影に臨みました.
指輪がメインの撮影なのでとてもミニマムな世界。
『好きな場所にお花をおいていいよ』とおっしゃっていただき、慎重に場所決め。
花びらの傷等にも細心の注意をはらい撮影は完了。

カメラマンさんのマジックでロマンティックな広告ヴィジュアルが
また一つ世に出た瞬間でもありました.



Work file 4撮影#2 「花時間」ブーケ&花飾り

まだ、市場にあまり出てきていない新種のバラを使ってブーケを束ねるという大変贅沢な企画。
巻頭グラビアと、もしかしたら表紙に採用されるかもしれないという撮影でした。
いくつかある候補のバラから選び、他デザイナーと重ならないよう調整しながら決めてゆきます.
どんなドレスと合わせるかスタイリストさんに希望を出し、作りたいブーケの形もメリハリを
きかせてそのバラの表情に似合うものを考えました。
晴れ舞台についついがんばりすぎトゥーマッチになりすぎないよう『花時間』のブーケであるという
存在感を大事にしながら4つのスタイルのブーケを制作。
届けられたバラには、生産者さんより、大切に一輪一輪柔紙でくるまれているものもあり、
思いを察し、到着のご報告をでんわですると、ホッとされた声。まるで手塩にかけて育てた娘さんを、
お預かりするような感覚で撮影に臨みました.スタイリッシュな風貌のモデルさんで、
甘くなりすぎずズテキな写真になり、表紙も飾る事が出来ました.



Work file 3撮影#1 ミュゼコレクションパンフレット

パンフレットの仕上がりイメージ、写真のテイストや、どのカメラマンにお願いするか、
(アートディレクション)ページ構成、版型決め、デザインレイアウト、版下作り、
入校業務や色校正まで(デザイン)商品のバックに来る物の構成や、 物集めなど(スタイリング)
商品紹介の文章やキャッチコピー(ライティング) 表4のロゴマークを刺した刺繍まで
全てをミュゼディレクションで手がけました.
広尾のスタジオで行われた撮影には、インタビューを受けた書籍の扉ページのための作業風景
の撮影もブッキング。子供が登場するカットを2、3カット予定していましたが、緊張したせいか、
ご機嫌が良くなく1カットのみに。 写真は全てポラロイドにし、独特の質感を引き出しました.
若干の色転びが起きるため、相性のいい色相と良くない色相があり思いどうりの色を引き出すのに
苦労したカットもありました。 カメラマンのジョン・チャンさんのおかげもあって
とても満足のいくパンフレットができたと自負しています.



Work file 2海辺の邸宅ウエディング 撮影スタイリング

白い砂浜から続く青い海の中に浮かぶ、貴族の別荘のようなしっとりとした邸宅。
パティオを囲む建物には、趣きの異なる3つのバンケットがあります。

それぞれの表情を引き立てる3つのコーディネートスタイリングです。
一目で分かる個性で彩るため、色も形も全く違う印象で構成。

出来上がったヴィジュアルもさることながら 高級感あふれるパンフレットに仕上げられ
貴重な作品の一つに加えさせていただけました。



Work file 1コーディネート#1

リゾートにたたずむホテルのウエディングコーディネートの依頼を受け、提案、制作。
窓から臨める景色や、自然光が入る会場かどうか、時間的にいつが美しいのか、
天井高やその部屋が持つ雰囲気、お客様の層など、様々な条件を考慮し、構成を組み立てました.

1泊2日のスケジュール、台風が通過する最中の撮影となりました。
台風が近づく前にチャペルやガーデンビュッフェを撮り終わりバンケットへ
自然光が入るレストランを撮る時は、雨が降り始めましたが光は入り問題なく終了
風雨が激しくなる頃、もう一つのバンケット撮影へ
終えて夕景を入れたコーディネート撮影は、台風一過の美しい空のもと
行う事が出来ました.お天気にも味方され、担当の方の多大なご協力にも感謝し
結果素晴らしい写真が出来上がりました.



HPの画像、記事、デザインの転載・転用を禁じます。
Copyright © TOELLE JAPAN Inc. All rights reserved.